このサイトでは葬儀社とはどういった会社かについて解説しています。
葬儀社のことはお葬式の時しか調べる機会がないという方も多いのではないでしょうか。そういった方向けの情報もこのサイトにはあります。いざという時に困ることがないように是非ご覧ください。香典に関する情報もたくさん掲載しています。香典の書き方がわからない方にもうってつけです。金額がわからないという場合にも、チェックしていただければ問題ありません。

葬儀社のサービス内容

葬儀社のサービス内容 葬儀社とはどんなものか、そのことは意外にも知られていません。そんな中で葬儀の依頼をしようと考えてもどうすれば良いかわからない可能性もあります。そこで葬儀社の具体的なサービス内容について紹介していきます。
それぞれの会社ごとに特性があることも覚えておきましょう。大手の方が良いのか、それとも地元密着の会社がいいのかといったお悩みも解決できます。葬儀社とはということを考えるうえではその立地も大切です。これからお葬式に出席する方にとっては、香典の金額をどうするべきなのかも大きな問題となります。香典を出したことがない場合は、その出し方を調べたいと感じる方も多いかもしれませんが、葬儀社ごとに少しずつ異なっています。

葬儀社の選び方のポイント

葬儀社の選び方のポイント 誰もが必ず最後の時を迎えることになり、それは避けることはできません。その際に悩むのが、依頼する葬儀業者はどこが良いのかや流れはどうなっているのかという点ではないでしょうか。近年では病院で亡くなる人が多く、その場合には病院に紹介してもらうケースが多いです。しかし必ずしも紹介された葬儀社を選ばなくてはならないわけではなく、自分たちで探して依頼することもできます。病院から紹介された葬儀業者は遺体の搬送だけを頼むことができるケースが多いので、自宅や安置施設などに故人を連れ帰ってからゆっくり落ち着いた状態になり、改めて依頼する葬儀業者を決めることができます。
大半の場合、搬送を依頼した葬儀業者にそのまま依頼することが多く搬送だけで後は断るのが申し訳ないと考えるケースが多いです。しかし、搬送だけでも費用は発生するのでその点も考えて最適な業者を選ぶようにしましょう。早い段階で業者を決めておくと、いざという時に焦らず対応することができます。葬儀社の選び方として料金に注目してしまうのは当然のことですが、得意としている規模や実績が豊富にあるのかという点は必ずチェックし、複数の葬儀社を比較して判断することが大切です。

知っておきたい葬儀社や葬祭場の関係や火葬場について

お葬式を執り行うことになった際に、斎場と葬儀社そして火葬場の関係が混在している人も多いのではないでしょうか。これらの関係性をしっかり整理しておくことは葬儀社の位置づけや選び方のポイントを知るきっかけにも繋がって来ます。
葬儀会社の選択と斎場選びの優先度が見えて来るので、それぞれの違いおよび特徴などを把握するようにしましょう。斎場は葬祭場と呼ばれることもある施設の総称で、お通夜や葬儀、告別式などを行うことができる施設の総称です。
なお、葬儀社と葬祭場もしくは斎場は一致するケースと一致しないケースが存在しており、一致するケースは葬儀会社が所有している斎場を使う場合であり、一般的にはその施設は依頼先となる葬儀社のみしか利用することができません。
これは、葬儀会社の斎場を使いたいときには会社選びをすることで斎場が付いて来ることになるわけです。一致しないものは、公営や民間などの斎場を使うことになり施設はあくまでも場所の提供のみとなりますので葬儀会社が必要になって来ます。

家族葬を専門に行う葬儀社の多様なサービス

近年、ごく親しい身内や近親者のみで行う家族葬のニーズの高まりと共に、小さな規模の葬儀を専門に行う葬儀社が増えています。
葬儀社では小規模で葬儀を行う代わりに、家族との最後のお別れをゆっくり過ごすことができることをコンセプトとして、無駄なものを省いて必要なものだけをシンプルに揃えているプランを提供していて好評です。
通常の家族葬以外に、通夜を行わずに告別式と火葬だけの一日葬プラン、仏具などを一切置かずにコストを抑えるプラン、式を行わずに火葬だけを行うプランなども用意されています。
また、故人が好きだった花でお棺や祭壇を埋め尽くしたり、オリジナルムービーや生演奏の演出で家族の心に残る葬儀を執り行うといった、小規模であるからこそできるオプションサービスも人気です。
最近では、自分自身の葬式を生前に手配しておく人も多くなり、葬儀社では生前に申し込む場合のお得な割引きサービスや会員制度なども用意して、多様化するニーズに柔軟に対応しています。

すぐに手配や連絡することが可能な葬儀社は頼もしい

人が亡くなってしまうのは日中ではなく、朝や夜の時間帯になってしまうことも少なくありません。また急な状況により、人が亡くなる恐れもあるので、速やかに手配や連絡を行える葬儀社は心強い存在です。どのような対応を行うのか同じような葬儀社で違っているので、万が一の状況が発生した時は冷静に判断することが求められます。
まずは24時間何時でも相談でき、手配を実施できる葬儀社を見つけることが重要です。残念ながら朝や夜の時間帯に対応するのが難しかったり、スピーディーに対応するのが厳しい葬儀社も存在しています。深刻な事態が発生した時、すぐに頼ることができないので、気を付けないといけないです。
特に難しくなく、ホームページをチェックしたり、資料を細かく確認することでどのような会社なのか見極められるようになります。
その他にも直接電話やメールで問い合わせしても全然問題ないので、安心して依頼やサポートを受けることが可能な会社なのか判断することが必要です。

送迎バスのサービスがある葬儀社を選ぶと便利です

親族が亡くなったとき、葬儀社を選ばなくてはいけません。急な訃報があると急いで決めなくてはいけないこともあるので、ある程度は事前に候補を決めておくと望ましいといえます。
葬儀社を決めるときは、葬祭費用のプランをよく比較することが大切です。プランには参列者のための食事や供花などの準備が含まれますが、意外と忘れがちなのは送迎バスの存在です。
故人の自宅と葬祭場、火葬場などをつなぐ送迎バスがあると遺族や参列者の移動が快適になります。こうしたバスを別途用意することもできますが、合計費用は相殺プランに含まれているよりも高くなる傾向です。複数のプランが用意されていると、その違いがわかりにくいこともあります。
そのようなときは、葬儀社のスタッフに質問することが大切です。明確な答えが得られないときは、別の葬儀社を探してもよいかもしれません。
喪主の立場になるといろいろと決めなくてはいけないことがありますが、予算の範囲のなかで決定することが大切です。

葬儀社の規模は特に重視するべきポイントではない

日本が抱えている問題として高齢化が進行している点を挙げることができます。長生きすることは基本的には良いことですが、寿命には限界があるため、今後は亡くなる方が多くなることを意味しています。
親などが亡くなった場合は、葬儀をしなければいけません。葬儀社も様々なところがあるので、しっかりサポートしてもらえるところを選ぶべきです。
葬儀社の規模は関係ないため、小さいところでも親身になって対応してくれますし、優秀なスタッフがサポートしてくれるので大丈夫です。規模が大きいと信頼できるイメージがありますが、それは間違った認識だと言わざるを得ません。
葬儀社を比較する際は、実際に利用した人の意見も参考にしてみてください。利用した人だから分かることがあるので、参考になる情報を得ることができます。
遠方から参列してくれる人もいるので、参列者に失礼のないように、信頼して任せることができる葬儀社を選ぶ必要があります。費用だけで決めるのはダメです。

葬儀社勤務にふさわしい性格特性について!

人は必ずいつか死ぬ時が来ます。寿命をまっとうしてなくなるのか、交通事故や殺人事件に巻き込まれてなくなるのか、はたまた自死を選択する人間もいないわけではありません。
人は必ずなくなるものの、それがいつやってくるかは神のみおぞ知ることだと言えます。人間が死んでしまって必要になるのが葬儀です。
遺族は個人の魂を成仏させるため、今生でお世話になった人へのあいさつもかねて葬式を行いう必要があるのです。
人間が亡くなると必ずと言っていいほど葬儀社の世話になるのは確実です。この葬儀社選びは頻繁なことではないので、遺族にとってどの葬儀社を選択すればいいのか頭を抱える問題でもあります。
この場合、やはり遺族に寄り添い、親身でやさしく臨機応変に対応してくれる葬儀社を選ぶことが大事です。そういう観点では、そこに働く葬儀スタッフは人に寄り添い優しい性格で、臨機応変に落ち着いて行動できるスマートな性格特性の人が求められると言えるでしょう。

葬儀社選定では相見積もりを取るようにしましょう

人は生まれたからには、等しく死を迎えることになります。これは生きとし生けるものに等しく与えられた定めであり、それを受けいれるしかありません。
ところが遺族にとっては大事な家族を失い、奈落の底に突き落とされたかのような深い悲しみに暮れるのです。しかしながらこのような状況下であっても故人を成仏させるために、遺族は葬式の段取りを着々と進めていかなければなりません。
悲しみで頭が真っ白で理性を失いますが、後で後悔しないようにきちんと葬儀社を選定していく必要があります。一つの葬儀社にいきなり絞るのではなく、複数社あたってみて相見積もりを取ることが大事なのです。
すると葬儀の相場額がおのずと見えてくることになります。そして見積もりを見るとその葬儀社が懇切丁寧か、項目ごとに金額が列挙されその見積内容が公明正大化なども必然とわかってくるのです。そうなるとどこを選べば賢明か、後で失敗内科が自然とわかってくるようになります。

葬儀社の巧みな宣伝活動に関することについて!

日本は今後ますます少子高齢化で、人口減少が深刻です。今まで人がたくさんいることで、結婚式場やブライダル関係、葬儀社などが潤っていたわけです。
しかしこのまま人口減少が深刻になると、人がいないのでこれらの業種は大打撃を受けることが確実です。するとリストラや、経費削減、最悪の場合は廃業ということにもなりかねないわけです。
そこで葬儀社などは生き残りをかけて宣伝活動など巧みな販促活動を苦入り広げているわけです。例えば生前葬の宣伝もそのひとつに数えられます。
一般的に葬儀は遺族が行うものですが、生前葬をアピールして早期に現金収入を得られる仕組みや、顧客獲得に乗り出しているわけなのです。
前払い金制度なども、巧みな宣伝活動と捉えることが出来ます。亡くなる前に事前に成約し、お金を振り込むなら通常価格の三割ほどお得になるキャンペーンなどは、葬儀社が端役顧客を獲得して起き現金収入を得たいという表れだととらえることが出来ます。

生前葬を行っている葬儀社は近年増加している

本人が生きている内に行う葬儀、それが生前葬です。少し前までは考えられないものでしたか、少子高齢化が進みお墓の管理者が不在となる中で、葬儀社は積極的にこの葬儀を採用しています。
葬儀社の中でも大手では、芸能界や文化人といった著名人の生前のお葬式を請け負うことが多いため、認知度は高まりつつあるのです。
有名人だけではなく、「病気で動けるうちにお世話になった人にお礼がしたい」という人や、「親族が集まるきっかけにしたい」という一般人の要望の場合も、葬儀社は式を執り行っています。
葬儀社の扱う生前葬は、ほとんどが無宗教の形式です。斎場の規模によっては、演出内にビデオを流したり、会食を行うことも出来ます。内容の構成が比較的自由であるために、自分で取り決めることが多いことが特徴です。
担当者はしっかりと希望者の要望や式の流れ、必要なアイテムや日時を一緒に考えてくれる熱心な人物が好ましいと言えます。
もちろんプランを設けているところもありますが、細かい部分は自分で決めることが多いものです。

葬儀社のプランナーに求められる素質について

人は必ず等しく死を迎える日がやってきます。どれだけのお金持ちも、ずっと病気で苦しんでいた人も、死というものだけは等しく平等にその日を迎えることになるのです。
人がなくなると遺族は葬儀を執り行う必要があります。しかし遺族は深い悲しみに包まれ、冷静に理性的に葬儀社と対峙することが出来ません。
そこで葬儀会社のプランナーには、優しく親身に、それでいて的確なプランを組める素質が求められるのです。葬儀社のプランナーは、優しく個人がどういった人柄でそのような経歴や実績を残してきたか、趣味や好きなことは何だったかなどを聞き出さなければいけません。
そのうえで個人の価値観や人柄にあった葬儀プランを的確に、そして確実に計画していかないといけないのです。それでいて、すこしでも葬儀社の利益に結び付けるようなプランを提案できるような営業力も備わっていることが求められます。
葬儀会社もボランティア団体ではなく、営利を水球する団体なので利益を上げていかなければならないため、営業力も求められるわけです。

葬儀社の葬儀内容のあらゆるトラブルについて知ろう

葬儀は、故人との最後のお別れの儀式であり遺族にとっても大きな負担となるものです。
葬儀社は遺族の希望を尊重し故人らしい葬儀を執り行うことが求められます。
葬儀業者との間で葬儀内容に関する問題が発生するケースも少なくありません。
葬儀内容の困難には以下のようなものが挙げられます。
1.遺族が希望した葬儀内容が葬儀業者の都合や費用の問題で実現されなかったという困難です。
故人の遺志でこだわっていた葬儀のスタイルや故人が生前好きだった音楽や花が、使用されなかったというケースがあります。
2.葬儀の内容を変更するために追加費用がかかったという困難です。
遺族が希望した葬儀内容が葬儀会社の標準プランに含まれていなかったというケースがあります。
葬儀社トラブルを避けるために、以下の点に注意しましょう。
1.葬儀会社の見積もり書には葬儀の内容と費用が明記されています。
見積もり書をよく確認して葬儀内容が希望通りであるかを確認しましょう。
2.葬儀社と契約を結ぶ際には契約書をよく確認します。
契約書には葬儀の内容と費用、キャンセル料などの条件が明記されています。
葬儀社トラブルが発生した場合は、すぐに消費者センターや弁護士に相談しましょう。

優良な葬儀社はどのような点をチェックするとよいか

身内に不幸があると、葬儀社のサービスを受けるのが一般的です。
しかし、日常生活では接点が少ないサービスのため、優良な葬儀社をどのように探せばいいのかわからないかもしれません。
どのような点をチェックすれば、満足できる契約先を見つけられるのでしょうか。
なにより大切なのは、客の気持ちをじっくりと聞く姿勢です。
話を聞かずに契約を急がせようとする葬儀社があるとすれば、それは好ましくありません。
また、詳細な内容の見積もり書を提示するかも大切な要素です。
どのような項目にいくらの金額がかかるのか、きちんとわかる見積もり書がなければトラブルに発展するおそれがあります。
見積もり書の内容について質問したとき、丁寧な回答があるかどうかも大切です。
自分ではどうしても判断しにくいときは、同じ地域で暮らす年長者に相談するとよいでしょう。
年長者ほど葬儀社と付き合う機会が多い傾向にあるあるため、優良な企業を紹介してくれるかもしれません。

葬儀社で働く人の給料の相場はいくらぐらいなのか?

葬儀社で働く人の給料の相場は、年収で「382万円」で月給に換算すると「28万円」となっています。
葬儀社の母体の大きさにもよりますが、多いところでは年収で413万円となっており、会社の規模や葬儀を行う数によっても違いが出てきますが、日本人の平均収入が「467万円」といわれていますのでそれに比べると低いといえます。
仕事内容も、日中だけではなくて深夜に呼び出されることもあり、心身ともに大変な仕事です。
そうした背景があるにもかかわらず、給料の相場は世間のイメージとは相違があるかもしれません。
また、ここ数年は、従来からある葬儀のスタイルに変化が出てきました。
告別式を行わないですぐに故人を火葬する「直葬」というスタイルや家族葬など、時代によって求められる葬儀の在り方に対応するために、新しく葬儀社に参入してきた企業も多く見られます。
そのため、競争が激しくなり、葬儀社全体の給与はさらに下校気味だといえるでしょう。

葬儀社は地元で選ばないといけない訳ではありません

一昔前では、長男が後を継ぎ親族も近隣で生活している事が多かったですが、時代の流れと共に親族のみならず子供も遠方に散らばって住む事も多くなりました。
葬儀は地元で行うのが当たり前の昔と違って、他の地域で行う場合は、どの様に取り仕切るのが良いかわからないものです。
葬儀社はどちらを選ぶのが正しいのか判断ポイントは4つあります。
結婚や転勤、学校が近い等の理由は様々ですが、亡くなられた方が生前に長く住んでいた地域で行うのが良い選択肢とされています。
生活の基盤であった場所の方が故人も安心出来るでしょう。
幼い頃に地方に移動して地元に友人や親戚がいない場合は移動先の地域で葬儀社を選んだ方が良いでしょう。
今の居住地に知り合いや友人がいないのであれば、生まれ育った地域でやるのが良いです。
後は菩提寺が何処にあるかにもよります。
先祖代々の墓がどちらにあるかを調べて必ずそちらに依頼しなければなりません。
故人をその場所まで連れて行くか菩提寺に来てもらうか相談します。

オンラインを対応することができる葬儀社の特色

最近では、オンラインで葬儀を実施するサービスを展開している業者があります。
これを採用することで、遠方からの参列や体の不自由な高齢者なども赴くことなく、葬儀を実施することができますし、万が一時間が合わない場合でも録画で確認することができるのです。
スマホやパソコンを通じて参加できるため、とてもリーズナブルな環境となっているのです。
またオンラインとはデジタル技術を活用するため、故人の思い出のVTRや写真などを共有することができ、粋な演出が特徴となっています。
さらに、電子データ技術を使って演出も可能となっており、祭壇を華やかにかざることにつながります。
これができる葬儀社は限定されるため、インターネットなどで検索することが近道となりますし、デジタル技術も様々でサービスも異なるため、検討することがポイントとなるのです。
体験談や経験談を参考にすることで、よりリアルに感じることができます。
見積もりや相談も葬儀社とネットで実施することも可能です。

斎場を探す

新宿区 葬儀

新着情報

◎2023/11/10

情報を更新しました。
>葬儀社の葬儀内容のあらゆるトラブルについて知ろう
>優良な葬儀社はどのような点をチェックするとよいか
>葬儀社で働く人の給料の相場はいくらぐらいなのか?
>葬儀社は地元で選ばないといけない訳ではありません
>オンラインを対応することができる葬儀社の特色

◎2023/01/19

情報を更新しました。
>葬儀社勤務にふさわしい性格特性について!
>葬儀社選定では相見積もりを取るようにしましょう
>葬儀社の巧みな宣伝活動に関することについて!
>生前葬を行っている葬儀社は近年増加している
>葬儀社のプランナーに求められる素質について

◎2022/3/22

情報を更新しました。
>知っておきたい葬儀社や葬祭場の関係や火葬場について
>家族葬を専門に行う葬儀社の多様なサービス
>すぐに手配や連絡することが可能な葬儀社は頼もしい
>送迎バスのサービスがある葬儀社を選ぶと便利です
>葬儀社の規模は特に重視するべきポイントではない

◎2021/7/20

葬儀の香典の書き方
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

香典返しの金額目安と送るタイミング
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「葬儀社 とは」
に関連するツイート
Twitter

「地涌」が全て復活している。 恐らく報恩社のHPリニューアルで一時的に消えていただけなのかもしれないが、北林氏が山﨑正友の部下だった頃の回想も載っており、単なる葬儀社とは思えない充実度がある

今回のことに限らず、SNSを利用する、ガス抜きすることで心の安定化を図っている、そんな部分もあるのです。 今後も葬儀社との交渉は続けていきますが、のらりくらりと逃げるんですよね。今のところ「暖簾に腕押し」状態であまりスッキリとは行っていません。 できる範囲でやっていこうと思います。

葬儀で「事前に見積もりをとりましょう」ってのに懐疑的なのは、受注すればどうにでもなると思ってる葬儀社もいっぱいいて、見積もり段階では安いけど、受注段階では高くなるのが見受けられるからなんですよね。事前に話し合っても約束を守る気がない相手とは、話合いが無駄です。

時代が変化したとは言え、地域の風習や繋がりが未だに強いと言う事は、その地域では野暮ったい商売は出来ない。消費者を欺き、下請け葬儀社を虐げ、宗教者を人間しない事を行う事は到底容認出来ない。悪い言い方をすれば地域で持ちつ持たれつで何とか成り立っているからだ。

\Webma更新/ 葬儀社のSEOについて記事にまとめました。 【葬儀社がSEOに取り組むべき理由とは?】 ①ネット検索で情報収集する人が6割 ②没後数時間で葬儀社を決める人が大半 ③リスティング広告のクリック単価は高騰中 詳しく知りたい方はぜひご一読ください!